今回は、私が数秘術鑑定やセッションのベースとして利用させていただいている、 潜在数秘術®について説明したいと思います。

そもそも潜在数秘術®ってなあに?

「生き辛さを、愛おしさに。」をテーマに掲げ、
 
現代数秘術という生年月日と名前から導き出す占いと 潜在意識の仕組みを組み合わせた、
人間理解に特化した分析ツールです。
(あくまでも分析ツールなので、未来鑑定は行っていません。)
 
潜在意識のプロ、秦由佳さんが考案されました。

潜在数秘術®︎でどんなことがわかるの?

生年月日と、生まれたときのお名前から、その人の性質を8つの要素に分けて分析します。
要素同士のかけ合わせから、自分の中の「どうして私ってこうなの?」という葛藤を紐解き、 自分が自覚できなかったけど出来る事や、できない事もわかりますので 自分の活かし方がわかったり、無理をしなくてよくなります。   こんな要素に分けて分析するツールです。
  • LP(ライフパスナンバー)…その人の考え方のクセ。こうしなければ、という価値観。
  • D(ディスティニーナンバー)その人がついついやってしまう行動のクセ。
  • S(ソウルナンバー)自分が人生で満たしたいこと。生きる為のガソリン。
  • P(パーソナルナンバー)…周りから見える自分。仕事での魅せ方。
  • M(マチュリティナンバー)…35~45歳頃から現れてくる環境の変化。
  • B(バースデーナンバー)…気を付けておくと生きやすくなるポイント。
  • IT(インテンシティナンバー)…意識して身につけられる事。数字の並びによってはサポートにも。
  • LL(ライフレッスンナンバー)ないことが気になるけどないと諦めること。もしくは、できてないと感じるけど、自分にはあると認めるべきこと。(どちらになるかは数字の並びによります)
図にすると、こんな感じ!  

 潜在意識がどう関係するの?

ひとは生まれて、赤ちゃんのとき色んな反応や見えるもの、聞こえることを 記憶としてストックしていくのですが、(大体3歳まで)
 
生年月日とお名前から導き出される数字たちが このストックした記憶の判断基準となって、 「これは好き」「これはダメ」「犬は怖い」などの 価値観や思い込みを作っていきます。 双子さんの性格が違ったりするのも、お名前が違うから、 持っている数字が変わってくるからなのですね。 生年月日の数字が同じでも、他の数字が違うことによって 数字同士でモメたりする事が違うからなのです。 組み合わせによってこんな感じになったり こんな感じになってしまったり…。 周りとの関係の中で、押し殺してしまう数字もあります。 数字達はぜーんぶ自分の要素なので、全部認めてほしいのですが クセになってしまっていたり、やっぱり周りとの関係で 自分の要素を出さずにいたりすると なんだか生き辛いと感じる事が多くなってきます。   なんで嫌なの? なんでモヤモヤするの? なんでこんな人ばっかり現れるの?   って。   なぜ生き辛いのか?を 数秘というツールを潜在意識の物差しにして分析しちゃおうよ! というのが、潜在数秘術®です。 もやもやしたとき、これはどの数字の作用なのかな?って、 自分を客観的に見られるようになったり、 押し殺していた自分に少しずつ「もう出てきていいよ」って言えるようになって 楽になれます。
 
また、自分の扱い方が自分でわかりやすくなるので、何か選択するときや
自分がどう在れば人生が充実するのか、
という指針が見えてきます。
 
人間関係においても、
相手が何を考えているのか予測できたり、
思ったほど自分を攻撃していないこと
相手なりの思いやりのカタチがわかって
楽になれます。
 
「こういうときはこうしなさい」というような占いではなく、
 
客観的にあなたの性質を見たり
あなたの最適な在り方、活かし方を考えられる
地図や羅針盤のようなツールです。
 
数字と仲良くなればなるほど
自分の使い方、在り方が広がる
奥の深いツールです(*´꒳`*)
 
 
ご自分の数秘について知らない方は
まずはご自分の数秘をチェック!数秘の出し方はこちらから。
 
>それぞれの数秘のポジションについて見て見る
 
 
 
 
>潜在数秘術®について、こちらもおすすめです。
 
 
  潜在数秘術®︎を学んでみたい!と思ったら、まずはこちらから。 代表秦由佳さんの丁寧な動画講義で学べる潜在数秘術®︎初級動画。これが私の擬人化の礎にもなっています。 ご購入はこちらからどうぞ。
こちらのサイトではこの潜在数秘術®をベースに独自の視点を加えた数秘で
わかりやすく、楽しく、見るだけでもご自分のモヤモヤが笑えるように
自分の嫌だと感じる要素(数字)と仲良くなれるように務めています。
 
楽しさを重視しているので
潜在数秘術®や他の数秘に比べるとざっくりしているところもあります。
数秘の世界は奥深い沼ですので、色んな視点を取り入れて行きたいと思っています。
ご意見やご感想などいただけると嬉しいですむしろください。
 
 
>数秘を出したら早速どんなキャラか見て見よう!