みなさんは、誰かと話している時、
「言いたいことがズレて伝わる!」
ということはありますか?

一生懸命言葉を選んだり尽くしたりしても、
全然思うように伝わらない…
違うニュアンスで取られてしまった…とか。
誤解されてしまった…とか。

そもそもうまく言いたいように
言葉が出てこない、
言葉を選べない、という事が
あるかもしれません。
言い方が悪いのかもしれない、とか。

しかし、今回はそういう話ではなく…。

 

実は、
【基本的に、人と人とは
話が噛み合わないもの】
なのです!

そもそも数秘ごとで捉えかたが人それぞれ違う。

みなさんは、
男女で脳の仕組みが違って、
捉え方が違ってコミュニケーションに
齟齬が生まれてしまう
という話はご存知でしょうか?

これは、男性が理論的で、女性が感覚的なので
言葉の捉え方や問題解決の仕方が違うという
話なのですが…。

数秘たちそれぞれでも、
・生きている上で「こうしなければ!」と
思っている事が違ったり、

・聞いた話をこう捉えやすい
という癖がそれぞれ違うんです!

例えば、私がプライベートである人(Aさん)の
相談を受けていた時に
起こったことなのですが…

 

Aさん:
「これから●●があるし、xxがあるし、
仕事がうまくやっていけるか不安です…」

私:
「うんうん、
まだ色々わからないですもんね。・・・」

というような会話をしました。

私はこの会話の詳細を覚えていないので
もしかしたら
もっとキツイ言い方をしたとか、
私に落ち度があったのかもしれませんが、

私は不安に同意するニュアンスでこの発言をしました。

でも、彼女はこの会話を

「バカにされた!!!」

と取ってしまいまして。
それから一方的にギッスギスされるということがありました…。

私の持っている数秘的に
こういう事が起こりやすいというのも
あるのですが(涙)

言葉を尽くす尽くさない、に関係なく
私の伝えたい事が伝わらない…という事も
あるので、今回はその事について
お届けします。

今回は考え方の癖の数秘:LP
(ライフパスナンバー)のお話になります。

忘れてしまった方は
計算して出してみてくださいね。
——————————————

【LP:ライフパスナンバーの出し方】

生年月日を1桁ずつ足し、合計をさらに1桁ずつにして足します。
例:1982年2月2日
1+9+8+2+2+2=24
2+4=6
11,22,33だったら、そこでストップ。

アプリだと一番上の数秘になります。

——————————————

みなさんのLP:ライフパスナンバーは
確認できましたでしょうか?

ではでは、続きに参ります。

見えたものをどう判断するかはLP(ライフパスナンバー)にかかっている

LP:ライフパスナンバーは
考え方の癖の数秘です。

見えたものをどう判断するか、ということは
この数秘にかかっているのです。

数秘ごとに色の違うメガネをかけていて、
そのメガネを通してものごとを見ている。
同じ赤いものも、人によっては
赤く見えない、みたいな。

たとえば、
りんごが1個そこにあったとしたら…

こんな感じで、
それぞれで全く違うことを考え始めます。

たとえば、りんごをあげるよ!と
言ったAさんに対して、
数秘によってとらえ方が様々になります。

(Aさんの思惑も数秘によって様々ですが、
話がややこしくなるのでまたの機会にします)

そして、その数秘ごとで捉えた感覚で
会話を返してしまうので、

同じ事を言っても、

相手の数秘によって
「言いたい事が通じた!」とか
「なんか、話が噛み合わない…」とか
起こってしまうのです。

数秘ごとの色メガネって、どんなことに対して捉えかたが違うの?

例えばどんなことに対して
捉え方が違うのか。

1.数秘によって正しさ、こうあるべきの基準が違う

その数秘によって
「こうすることが正しい」とか
「こうすることが素晴らしい」とか
「これが常識!」と思うことが違います。

たとえば、数秘3(ミミ)と数秘4(シロー)
の場合、

こんな感じになってしまいます。
完全に噛み合いません…。

2.数秘によって、コンプレックスが違う

その数秘によって、
気にするところ、コンプレックスが
違っていて、

言ったほうはそのつもりはないのだけど
そこに刺さってしまって
本来のニュアンスが伝わりにくいことが
あります。

こっちの場合は、
気にしているところに刺さってしまうので、

相手が落ち着くまで
なかなか届けたいニュアンスが
届かないところがあります。

コミュニケーションで工夫することは数秘的に意味が無いのか?

じゃあ、
コミュニケーションするとき、
結局言葉を尽くしても
意味は無いのか?

という疑問が浮かんで来ると思います。

場合によっては残念ながら
徒労になってしまうことも
あると思います。

だけど、

言葉を工夫して、
相手に伝えよう!とする”気持ち自体”に
数秘を超えて相手に届く何かが
あるのではないかなと思います。

まとめ

相手の数秘がわかっている場合は
相手の数秘が受け取りやすいように工夫
…できたらベストなのかもしれませんが、

誕生日がわからない場面も多いですし、
お仕事で不特定多数に伝える時は
そういうわけには行きません。

また、こちらも自分の数秘フィルターが
あるので、なかなか難しいところが
あると思います。

気にしすぎるとコミュニケーション自体が
億劫になってしまう可能性もあります。

なので、

あなたが
自分の言いたいニュアンス通りに
相手に伝わらなくても、

あなたが悪いのではなく
相手が受け取れない状況があるのかも
しれない…ということを
知っておいてもらえたら嬉しいです。



こちらも参考にどうぞ!

数秘ごとの視点、視界

数秘別のやさしさ