先日販売を開始したマンガ数秘絵札と
電子書籍の数秘あるある解説書、
どちらが詳しいですか?というご質問をいただきましたので、今回は2つの違いについてお届けします。

数秘あるある解説書の内容

数秘あるある解説書は

LPはこんな人
LPごとの対人パターン
LPごとのこれを意識&諦めどころ
LPごとのこうせねば、こうあるべきと思いやすいところ
LPごとの引き寄せやすいところ
LPごとの苦手なところ
LPごとの得意なところ

でのあるあるを掲載しているものになります。

こちらは数秘ごとに購入することも出来ます。(1数秘500円、PDF版)
まとめて購入する(全数秘版にする)とお得です。(PDF版5000円、A4冊子版8000円)

マンガ数秘絵札の内容

長所として捉えられやすいあるあると
短所として捉えられやすいあるあるを
掲載しています。
1つの数秘につき、それぞれ4つずつ掲載しています。

1つの数字でこんな感じです。

数秘12種類(1〜9、11、22、33)×2の24種類入り。
A6サイズのイラストカードセットです。
料金は3500円になります(セット割あり)。



あるあるエピソードとしてかぶっているものも所々ありますが、切り口が違うのと、
ひとつの数秘の情報量としては
数秘あるある解説書の方が多くなっています。

セッションで使える?

次に、セッションでのご利用のしやすさについて比較します。

数秘あるある解説書

数秘あるある解説書はデータ版での提供もあるため、

セッションでお客様に見せることは可能ですが、 内容を撮影する、メールで送るなどはご遠慮ください。数字毎の電子書籍の販売を行っておりますので、そちらをご案内ください。

としております。複製防止のためご了承くださいませ。

マンガ数秘絵札

マンガ数秘絵札でのセッションの提供については

マンガ数秘絵札のセッションやイベントでの利用を歓迎しております。
お客様に写メを撮っていただいても大丈夫です。

またメール鑑定など、遠隔での鑑定で鑑定書にイラストを掲載したい場合は、鑑定書のどこかに

マンガ(orイラスト):(c)桝元つづり

のクレジット掲載をされた上でのご利用が可能です。
(公式サイトへのリンクも掲載していただけたら嬉しいです)

SNSでのアップロードの際は#マンガ数秘絵札 でタグをつけていただけると嬉しいです。


となっていますので、セッションにおいてはマンガ数秘絵札の方が使い勝手が良いかもしれません。

まとめ

情報量重視なら→数秘あるある解説書

セッション利用のしやすさ重視→マンガ数秘絵札

となっていますので、ご利用目的に応じて使いわけていただければと思います!

数秘あるある解説書についてはこちらから
マンガ数秘絵札
マンガ数秘絵札についてはこちらから。