嫌だとか感じるのは、見方の違い

自分のことがめんどくさい、モヤモヤすること。

嫌だ!と感じるのは、ただの見方の違い、だったりします。

例えば、数秘1だと

ネガティヴ性質例:猪突猛進、周りが見えない、話聞いてない


これをポジティブにひっくり返すと…

目標への集中力、とか、行動力、スピード感に。

周りが楽しそうに遊んでいたり、誘惑があっても目もくれない位、目標に集中できる力があるってことです。

例をもういっちょ。

ネガティヴ面例:大雑把

ポジティブ面に:細かいことを気にしない・さっぱりしてる

イラストにしてみると、ほぼ一緒。

…そう

一緒の性質なのに、状況や周りの反応(と思い込んでいることもある)などから、ネガティヴに捉えたり、ポジティブに捉えたり、しています。

自分のめんどくさい!ところって、どんなふうに捉えてしまっているか、というところも大きいです。

ネガティヴに捉えて自分を否定してしまうと、ポジティブな面が出せなくなってしまいます。

だって、一緒のことだから(^^)
自分のことを知ると、自分の力が発揮しやすくなるのは、そういうことだったりもします。