お世話好きな数秘たち、という記事を書きました。

お世話好きな数秘たちは、色々気を使ったり、周りを見て、先や空気を読もうとしていたりします。

でも、その力が、しんどくなっちゃうこともあると思うのです。

たとえばなのですが、数秘3がしんどいなーとつぶやいているとき。

「ただ、しんどい」ので「しんどい」と口から出ただけで、他意はなかったりします。

しかし、お世話好きな数秘たちがそれを聞くと、

「しんどい」=「私に◯◯をしてほしい、しないといけない、してあげよう」

というように捉えてしまいます。


お世話好きなので、がんばれるうちはあれこれしてあげて頑張りますが、

人間なのでしんどいときもあります。

うっかり数秘3側も甘えるのに慣れちゃって、

そんなときにしてもらえない…となると

それが口から出ちゃったりして、

それをまた聞いた側が自動変換しちゃって、


それが地雷踏み、トラブルに発展することも。

3は無意識に口から出ていることが多いので

自動変換に気づいて、自分の状態と相談して

やったりやらなかったりできるといいですね。

もしかしたら、自分もしんどいって言っていいよ!ってことかもしれないですね。


甘えてみたり

丸投げしてみたり。

やらなくても、あなたは悪くない( ´ ▽ ` )ノ

そして口から出てしまう方も、悪くない( ´ ▽ ` )(もちろん、イラついても良い♡)

無理しすぎると、もっとやれるのかも?と

目をつけてくる人もいるかもしれませんからね( ´ ▽ ` )