数秘33は1桁になるまで足すと、
3+3=6になります。

それで、3と6で出来ている、とも言われるのですが、


なぜか6として生きようとしている方が多いのだそうで。
(3(黄)の部分が怒られるのを嫌がるところからかもしれませんね)

数秘6と33には似て非なるところも。

6のアイデンティティのひとつ?相手を喜ばせたい!の違いについて、
なるほどーー!と思った記事があったので、イラストにしてみました。
(探しきれなかったので、引用元が貼れずすみません…)

数秘6と数秘33、どっちも相手を喜ばせたいのですが

「これ、あの人にあげたら喜びそう!」


数秘6のムツ子さんは、相手が喜ぶ顔を見るまでが1セットなのですが…

数秘33のピラミたちは、選ぶ楽しさが重要で、相手が喜ぶ顔は6に比べるとオマケ
(もちろん喜んでくれたら嬉しい)になってしまうようで。

それが独特の愛情表現、ということにもなるのかもしれないですね。

ちなみにこれはうちの父が娘にする愛情表現…。(P33)

8もまじってめんどくさい。

数秘33は相手のため!と思いすぎるとピラミたちが飽きちゃうので、まず自分が楽しい!を優先に。