潜在数秘術®︎では相性という定義が無いのですが、

ソリが合わない、ぶつかりやすい数秘の性質というのはあります。

今回は私がよく見聞きし体験する人間関係、仕事でのぶつかりやすい数秘の性質をイラストにしてみました。

数秘7vs数秘8


数秘7が数秘8の足元(超痛いところ)をぶっ刺し、一触即発!

数秘6はオブラートに包んで言おうよ!とおろおろする。(大体声には出せない)

数秘1と数秘9

これ!と思うものに猛烈ダッシュする数秘1。それ以外はやりっぱなしだったり…。

誰もいなくて後片付けに追われる9。

2,4,6あたりがいれば、9はやらなくて済むのだけど。

数秘6vs数秘8

数秘2を伝言鳩にやりとり…。数秘2は辛い!

他の数秘同士でも2は挟まれますが、6は2が甘えやすくて、8は能力を見抜いて動いてもらう…。そういうところから。

数秘3vs数秘4

ストレスはストレスのまま、イライラをどこでも出す数秘3と

どこでも冷静に対処しろよ!と思う数秘4。

数秘1もわりとそのまま出しますね( ´ ▽ ` )

お家では11も出る傾向があるようです。

数秘6と数秘22(4)

数秘6は敵!と見なすと相手をガン無視。

数秘22や数秘4、8など、冷静に場を見る人からは仕事などで支障が出るなあ…と思うことも。

※あるあるの一例です。

数秘の組み合わせによってはその場で堪えられる人、その数秘をもっていても当てはまらない人もいます

いかがでしたか?

それぞれの数秘の性質のぶつかり合い具合によっては、こんな感じになることもあるようです。

当てはまるところがあったら、その人はその数秘を持っているかもしれません( ´ ▽ ` )

両方の数秘を持ってる人は、自分の中で起こってる…ということもあるかもしれませんね!

気になる人の数秘の性質、チェックチェック!

こんな大量に読めるかー!というあなたのために

一目で数秘の性質を見れるようまとめたこちらもオススメです( ´ ` )