Q.潜在数秘術®︎で、複数の同じ数字を持つ人は、似た性格になるのでしょうか?

A.複数の同じ数字を持つ人でも、どこのポジションにあるかによって全然違ってきます。

例えば、6と3を持っているAさんとBさんがいるとします

◆AさんはLPに6,Pに3があります。

LP…考えグセ、性格のナンバー
P…周りから見える見え方  です。

Aさんは周りのことを色々考えたり、責任感を持って仕事をするのですが、Pが3なので、お子様のように見られたり、ちゃんとできないように見られます(涙)。

◆Bさんは、Pに6,Dに3があります。

P…周りから見える見え方
D…行動の癖

Bさんは丁寧で優しそう、こちらのことを考えてくれるように見えるのですが、

自分のことを優先したり、ストレスに敏感で、思っていることが口からダダ漏れます(涙)。マンガか。

…こんな感じで、同じ複数の数字を持っていても、どこにある数字かでかなり変わってくることがわかります。

使い方を変えてみる。

この例は数字のたまたま残念な現れ方で、使い方次第でその人なりにうまく乗り切ることができます。

◆Aさんの場合

6が話さないほうが良いな…と判断したことを突っ込まれて聞かれたとき、3で何も考えてないフリをして逃げる、ということが可能です。

先ほどのBさんの例と逆っぽい感じ。

◆Bさんの場合

Bさんは自分の楽しみを、理屈的に納得させたり、必要な人と共有することができます。

Aさんがこれをやると自分が楽しい感が出すぎてしまう恐れも。


…と、極端にデフォルメしてお話しましたが、

自分の中で数字はコロコロ入れ替わったり

性質が混ざりあって出たりすることも多いものなので、

AさんとBさん似てるよ!というときもあるかもしれません。
でも、動機や、どうしてそうするに至ったか、のプロセスは全く違うものになるようです。

 

同じ数字のポジションでもタイプが違うこともあります。

同じ数字でも、違うタイプの秘密