潜在数秘術®︎に出会う前の私は結構なネガティヴ人間で

自分に自信がありませんでした。
という話。

自分の反応に「何で?」と思うことが多かった私。

でも、今見返せば、潜在数秘術®︎で説明ができます。

昔の重いエピソードについて

潜在数秘術®︎的に解説していこうと思います。

私の数字は、6,4,1,3,1,2があります。

※普段Bは意識すると生きやすいポイント、としてご紹介しているのですが、今回は

“性格の一部”という面を使ってご紹介します。
※潜在数秘術®︎以外の流派では、ソウルナンバーのことをハート数、とも言うようです

【学生時代】

ぼっち属性なのはS:ソウルナンバー1から。
人を信用しないってのは、

B:バースデーナンバー2の性質でもあるし

 

LP:ライフパスナンバー6がそれでも人が好き、という性質のためにあえて体験してしまうことでもあります。
【社会人】

人の機嫌が悪いと自分のせいかとビクビクするのは、

LP:ライフパスナンバー6は人の雰囲気を察知します。

B:バースデーナンバー2も人の顔色を伺います。

そして、P:パーソナルナンバー3も、怒られるかどうか敏感な数字です。

だけど、この力があるので

気がきく、と言われることに繋がります。

(潜在数秘術®︎に出会ってから

それができない人がたくさん居るということを知りました…)

人の話の途中に言いたいことができると

スイッチがS:ソウルナンバー1に切り替わります。

P:パーソナルナンバー3も言いたくて仕方無くなります。


奇数モードになるので、人の話より自分に重心が行きます…。

だけど、

LP:ライフパスナンバー6やB:バースデーナンバー2は話を聞いてあげたいし

D:ディスティニーナンバー4も話をぶった切るのは失礼だ、と声を上げます。
葛藤の結果、切れ目ができるまで黙ることはできます。

LP:ライフパスナンバー6が切れ目を見出せないと

ずっと黙っているだけになり

あとで悶々とします。(笑)

葛藤はしんどいけど、この力は、

その場を円満に済ませることができます。


自分の思ったこと口にしたら、相手を怒らせる…

のは、S:ソウルナンバー1の性質で引っかかるところがあります。


思ったことそのままで、オブラートに包んでないとか、攻撃的な雰囲気だったとか。

グサリと刺さることを言ってしまったとか(無自覚)
P:パーソナルナンバー3が空気を壊してしまった恐れもあります。

偶数が出張り過ぎるので、暴発のお知らせですね((((;゚Д゚)))))))。

人から褒められても受け取れないのは

まさにLP:ライフパスナンバー6の受け取り下手な

ところです。
口癖は「すみません」、もそこに通じます。


言ったことやったこと、細かいことに後悔しては、何時間も何日もモヤモヤモヤモヤするのは
LP:ライフパスナンバー6が人を喜ばせられなかった!と自分を責めたり、

D:ディスティニーナンバー4が安全安心な対応じゃないかも!どうしたらいいだろう!とアラームを鳴らしたり。

ちょっと責めすぎですが、落ち着くと

次はどうする?と改善する力になりました。


トロいのがコンプレックス!

D:ディスティニーナンバー4あるあるです。
マイペースで良い、ということを知るために

あえて経験してしまうことなのです…(涙)

自分を責める方向に向くのは

LP:ライフパスナンバー6のあるあるな性質です。
D:ディスティニーナンバー4が感情を受け取れ無かったり、(正しくないと怒ったらダメ、とか)


B:バースデーナンバー2が相手を責めることを

良しとしない、と言うこともあります。


色々蓄積しちゃうものもありますが、

優しさ故、とも言えます。

ここまで振り返って…。

何も変えられないし

何も変える必要が無い。

あえて変えるなら

性質ではなく

性質の付き合い方。

使い方が間違っていたのだと。


潜在数秘術®︎って素敵なツールですね♡