今日はとある方から聞いた数秘7と数秘8のあるあるシチュエーションから。

ビュッフェにて


数秘8の方が、みんなの荷物を見てくれるから先に食事を取って良いよ、と提案したとき、
数秘7の方は…

その数秘8の方からすると、

他の人は一言言って行くのに!

7の人は何も言わないの?!礼儀なってないの?!

と思ったとか。

あるあるなこのシチュエーション、

数秘で解説してみようと思います。

数秘8は言葉で伝えてくれないと不安

数秘8は表には出ないけれど、ホントはかなり周りの評価が気になるビビりさん。

だからこそ、無意識なのだけど、立ててもらえないと不安になる人も。

何考えてるかわからない!という不安が

隠れている「自分はバカにされているのでは?」などの不安を刺激してしまうのかもしれませんね。

数秘7はひとつひとつにお礼を言ったりする習慣が持てない

最低最小限!と合理性を求める。本質的な理由でないと納得できない数秘7にとって、

こういう場でいちいちお礼を言う…などは苦手の極み。

「え、良いって言ったのに…?」と理解に苦しむことも。

そんな自分に自己嫌悪することもあって、

こういう場はそもそも苦手かと。

余談ですが、数秘6もこういう場ではみんなの荷物を見てくれますが、

何も言われないと、何か粗相をしたのでは…!とテンパる可能性高いです(経験アリ)。

礼儀として知らなかった…というジェネレーションギャップの可能性もありますが、

性質的にそうなのかもしれない、と思ってみるのも楽になれるかもしれません。