数秘4*シローは1つ1つ手順を確認、いちいちマニュアルを参照するので
数秘5*ソーゴからすると要領が悪くて「なんでそんなのいちいちやってるわけ?」と思うようです。

(というか、桝元家では旦那さまと私でしばしば起こります。笑)

今回は数秘4*シローと数秘5*ソーゴの要領のちがいについて描いてみます。

数秘5のやり方の理解の仕方

数秘5は、これまでの経験、体験を踏まえて、臨機応変、柔軟に部分的にアレンジをしてやり方を組み合わせます。

なので、新しく何かやるときに、1から10まで説明を受けなくても、大体理解して把握するようです。

数秘4のやり方の理解の仕方

一方、数秘4の場合は、

数秘5と同じ経験をしていたとしても、フリーズしてしまいます。

5のように過去の体験を部分的に切り取る…というのがとても苦手のようです。

過去の体験は過去の体験、今回の体験は今回の体験。

1つ1つ別のパターンで、捉えているのです。

なので、応用力がない、とか言われがちです…。

数秘4の場合、部分的に経験を切り出す、応用力を鍛える…という、それぞれ別のパターンが必要になるようです。

そうなってしまうのは、数秘4の細やかさ故なのですけどね…!

すんごい細かいところで大事なところを見つけたり、動くための最初のステップを見つけるのが4の得意技です。

4*シローと5*ソーゴ,どこまで仕事やるのかも比較してみた

>数秘54。どこまでやる?

4はこういうとこでもつまづくので、要領悪く見えるらしいです…。

>数秘1,3,4。なぜ学んでもうまく行かないのか