私はかつて、かなり人の顔色を伺うタイプでした。 特に自分のコンディションが悪いときには 「みんなが自分を責めている…」という気持ちになったりします。 頭では「自意識過剰」「気にすることはない」と知っているものの、 なかなか拭うことができなくて。 * でも、数秘術を知ってから、 ホントにそれって自意識過剰で、気にすることは無いんだなあということが 理屈で腑に落ちました。(笑) 「この人、怒ってる??((((;゚Д゚)))))))」といちいち怯えていたけれど、 相手が持っている数秘によっては、実はそれ以外に理由があることがほとんどのようです。 というわけで、私がかつて怯えていた人たちは本当はどういう状況だったのか、 数秘でタイプ別にご紹介します。

数秘1*イチロー

思ったことをストレートに言うイチロー。 こうしたい!こう思う!を無意識に力技で押してしまうこともあるので、 私は攻撃だと感じてしまっていたのですが、 やりたい!言いたい!に一途なだけだったりするようです。

数秘7*セブン

◇何を考えているかわからない ◇感情が見えない ◇必要最低限な反応のみ返す(必要でないものはスルー) ◇没頭のエネルギーがすごい セブン持ちの方。 近寄るなオーラを感じてしまう事も多く、 初対面から「怖い!」と感じてしまう事が多かったですし、 1人でいる事も多いので、どう対応していいかわからない事もおおかったのですが 数秘を知ってからは、数秘7持ちさんは色々沢山考えて本質のみを差し出そうとする故に、 距離感を大切にしているんだなと思えるようになりました。 怖い顔している方が真剣で楽しいのだ、とか(状況によるけど) 1人の時はそっとしておいていいんだ、とわかったのもほっとしたポイントです(笑)。

数秘8*八左衛門

数秘7同様、何考えているか見えない(というか怒ってるように見える) 感情が表に出ない プライド高い 超厳しくて、常に「こんなんじゃ足りない!」と言われてしまう 八左衛門。 熱い感じがキライじゃないけど、苦手意識が大きいタイプでした。 でも、八左衛門さん自体が強くあろうとする、理想を高く持っているので 周りもそう扱ってしまうだけなんですよね。 八左衛門さん自身も褒められない、別に怒ってるわけじゃない、とわかったのが ほっとしたポイントです。めんどくさいけど可愛いなあ、みたいな。(笑)

数秘9*くぅ

リアクションに掴みどころがなかったり くぅも結構感情がわかりにくい所を感じます。 (抑揚が無いというか) くぅ独特の…ブラックホール的な… 無な雰囲気を感じるのですが 数秘を知ってからは実際はこんな感じなのかなあと。 自身がカオスなので、感覚を閉じようとしている感じが こちらに怖い感じで伝わっていたのかもしれません。

数秘11*イチエル

色々考えている時、何かに集中している時のイチエルさんは 私からすると結構怖いです(笑)。 数秘を知ってからは、集中してるのかな?とか 頭がぱんぱんで余裕ないのかな?と思えるようになりました。 * 私がこういう事をいちいち気にするのは、 相手に対してリアクションにどういうものを求めている、とか 人に対してどういう態度で接しないといけない、とかを自分に課している という事を見せつけられている…ということでもあるのですが…。 相手の顔色が気になるとき、自分も相手も悪くない、ただタイプの違いなだけ、ということがあります。 少しでも人と接するときに楽になる参考になったら嬉しいです! * 人と接することがしんどいとき、こちらも参考になるかもしれません。 お世話好きな数秘 お世話好きな数秘たちへ。お世話しなくていいこともある。 めんどくさい人付き合いでの悩みやすいところと、気にしなくて良いところ この数字をもつ人は忘れっぽいひと! 人の顔色が気になるのは