今回は、数秘3の方のお話を聞いて思ったことを描いてみます。

数秘3の方って、どんな小さなことでも感動するのが上手なようなのです。

他の数秘の人ならスルーしちゃうようなことでもね。

空気がどうとか、空を飛んでる鳥がどうとか、側溝のフタが顔みたいになってるとか(笑)3の人みんながみんな、そうというわけではないですが、それくらい小さくて、

人によっては「どーでもええわ!」ということに反応することがとても上手なようなのです。

そして、その反応したものが、そのまま表に出ちゃうようです。しかもわりと、オーバーアクション目に。

悪気は全く、ありません…。

小さなことに感動できるということは、

人によってはスルーしているようなことにストレスを感じてしまう、ということでもあります。

人によっては「どーでもええわ」と感じるようなことにいちいち反応したり、楽しんだりする。そしてそれを表に素直に出してしまうこと。

それが、数秘3の「子供っぽい」と言われる理由のひとつかもしれません。

でもそれも、考え方のひとつであって、

ものすごく感受性が豊かで繊細、ということでもあるんじゃないかな、と思います。

最後の一節を書きながら、「子供っぽくない在り方」「大人として振る舞う」という言葉の裏にあるものが無機質でとても味気ないものに思えてそら寒くなったのは、私が3持ちだからでしょうか…。