先日、潜在数秘術®︎協会であった、 LPだけ集めてお喋りする企画の感想戦(?)1〜33(2除く)の数秘の特徴についてのライブ配信されていた内容について、イラストでメモを取ってみました。 ◇他の数秘はこちらからどうぞ。◇

今回はLP3について

会話のキャッチボールが出来ない

最初の一言目は返すけれど、二言目以降はマイワールドに。独特の奇抜な表現だったりして、聞いてる人は???ってなってしまったり。 本人は真面目に会話をしようとしても、コントロール能力が低くて会話が返せず、ボールの投げ合いをしている感じに。

周りの人が興味ない話をすると、別のことを考えている。

空想モードになってるのがめっちゃ顔に出てる。

あまりにも真剣に怒られると笑えてくる

深刻な空気は壊しに行っちゃう。

もしくは、逃げる。

脳はアゴについてる。

思ったと同時に、口から出てる。 * 3は場が明るくなったり、軽くなるためのムードメーカー。重い責任は任せられないけど、 場には必要なタイプ。 …という感じだったようです。
桝元つづりの個人的な感想私は周りの人から見える姿の数字P:パーソナルナンバーが3なので、 自覚はほとんど持てないのですが、こう見えてるかもしれないですね(汗)。 話が噛み合わないとか言われたり、話てるうちに何言ってるかよくわからないということはよくあります。 学生時代、必ず友人の食事中に電話してたのもいい思い出です…。(時間ずらしても)。
◇集めて見てわかった数秘の特徴シリーズ◇ こちらで、もっと数秘別のポイントが押さえられます(^^)